塗装の目的は家の寿命を延ばすこと!!

塗装の目的とは?

  • 建物の美観の再生
    (屋根や外壁を色鮮やかにできる。)
  • 外壁の表面保護
    (日光(紫外線)や暴風雨から木材や鉄を錆びや腐朽から守る。)
  • 塗膜の再生
    (防水耐性の復帰)

外壁塗装の目的には、建物の美観を良くするのはもちろんですが、それよりもむしろ、外壁材の表面保護が一番の目的です。

もし、「外壁塗装がなかったら・・」どうなるでしょう!?

強力な紫外線や暴風雨・積雪が、直接外壁の材料である木材や鉄、コンクリートに直接あたることになります。あらゆる自然の猛威にさらされた外壁は、あっという間に劣化が進み、木材は腐朽し、酸性雨などの影響で鉄は錆び、その影響でコンクリートにひび割れが生じ始めます。

外壁塗装 塗り替えのタイミング

外壁塗装の塗り替えといっても、いつやっていいのか?と困っていませんか?塗装のタイミングは7~10年といわれていますが、気象条件や気温、湿気などによってタイミングは違ってきます。外壁が劣化した時の症状を理解し、早めに見つけ、塗装することでトラブルを防止することが出来ます。

チョーキング

チョーキング現象がおこったら、塗装の塗り替えのサインといわれています。この現象は、「白亜化現象」といい、外壁を指で触ると白い粉がつくことで分かります。これは、塗膜の劣化から塗料が粉末化してしまい、塗装表面に付着している現象です。

チョーキング現象が起こっている壁は、劣化が進んでいるサインなのでこのまま放置していると、耐久性・防水性が大変落ちているため風雨が侵入しカビやこけが発生し内部の外壁材に大ダメージを与えてしまいます。

ひび割れ

コンクリートやモルタルの壁面に起こる現象で、「ひび割れ」「クラック」「亀裂」などと呼ばれています。理由はさまざまあり、乾燥による収縮や内部の鉄骨の錆、アルカリ性のコンクリートが酸性の雨に長期間さらされることによる中性化が原因とされています。

このひび割れを放置すると、その隙間から侵入した雨水が内部の柱や基礎に悪影響を与え、建物の老朽化や基礎の劣化で地盤沈下が起こってしまう原因にもなります。

カビ・苔(コケ)の発生

外壁にカビやコケがびっしり張り付いている状態は、見た目もいいものではないし、カビの胞子が空気中に散乱して住んでいる人の体内にも入りやすいので健康上もよくありません。カビやコケの原因としては、凹凸が激しい壁やひび割れが多い壁で、水分が溜まりやすくカビの胞子が入り込んでしまうため、繁殖しやすいといわれています。また、建物の立地条件や気候など様々な原因でカビ・コケが発生する原因になります。

対処法としては、業者による高圧洗浄機によるバイオ洗浄とカビが発生しにくい薬品入りの塗料による塗装が最適といえます。

無料お見積りフォーム

建物の種別
戸建集合住宅店舗  ※どれかひとつ選択してください。

建物の階数

坪数(大体でもOKです。)

施工内容
外壁塗装屋根塗装浴室塗装屋根修繕リフォーム 
※どれかひとつ選択してください。

外壁の種類

屋根の種類

築年数

前回の塗装からの年数

氏名の入力してください。

お住まいの地域を選択してください。

お客様の連絡先をお教えください。

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お見積りの返信先(どれかひとつ選択してください。)
お電話FAXメール

お問い合わせ内容(任意)